平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018

餃子のまち宇都宮市


宇都宮市は栃木県の中ほどに位置する県庁所在地であり、1996年4月1日より中核市に指定された北関東最大の都市です。 また餃子の消費量日本一としても全国的に知られ、街のあちこちに餃子店が点在する「餃子のまち宇都宮」としても有名です。
そのような活気あふれる宇都宮市で、平成30年1月6日(土)午前10時より栃木県総合文化センター、宇都宮城址公園、二荒山神社前大通りにおいて「宇都宮市消防出初式」が開催されました。 この出初式は年頭にあたり、宇都宮市の消防力を広く公開することにより、消防行政に対する市民の理解を深め、防火・防災意識の高揚を図るとともに、 消防職員・団員の士気を高めることを目的として毎年開催されています。

平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018 平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018 平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018 平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018 平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018 平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018

消防団員が一致団結して臨む「一斉放水」


午前11時頃。この日の天気は快晴、気温は手元の温度計で7℃を示し日陰ではかなり寒く感じる中、宇都宮城址公園(二の丸広場)には、 幼い子どもと手をつないだご夫婦や消防団員のご家族と思われる方々など沢山の人たちが続々と集まり一斉放水を待つ人々で賑わっていました。
栃木県総合文化センターで式典を終えた消防・防火団体関係者もかけつけ、到着した宇都宮市長に指揮者である副団長が 一斉放水の開始報告をし副団長の「一斉放水はじめ!」の号令とともに一斉放水がはじまりました。
快晴の青空に舞い上がる放水の水しぶき。各分団ごとに力をあわせ様々な放水を披露すると、観客から歓声が沸き起こりました。
平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018 平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018 平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018 平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018

晴れの舞台「分列行進」


一斉放水を終えた団員達は車両に乗り込みパレードの会場へと向かいます。交通規制された二荒山神社前の大通りには宇都宮市消防音楽隊の行進曲が鳴り響き、 その中を各分団にわかれ漆黒の団服に身を包んだ団員達が誇らしげに通ります。沿道では家族の雄姿をひとめ見ようと沢山の家族や市民が見守りその堂々たる姿に拍手を送っていました。 今年新たにしたオレンジ色の防火服を着た防火隊の一団が姿を見せるとその視認性の高さと安全性を紹介するアナウンスが会場内へ流れました。
またバンバ通りでは40m級の屈折式はしご車や子供用防火服も展示され、13時からは市無形文化財に指定されている宇都宮消防記念会により「はしご乗り」も披露されました。

毎年、新春恒例行事として多くの人たちに親しまれている宇都宮消防出初式。日頃から市民の安心・安全のため訓練している消防団員や消防職員への感謝の気持ちを伝える、そんな心温まる消防出初式でした。

平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018 平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018 平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018 平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018 平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018 平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018 平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018 平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018 平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018 平成30年 消防団 出初式 宇都宮市 栃木県 2018